Windows XAMPPにOracle Instantclientをインストール

Oracle Instantclientをインストールすることで、PHPからOracleデータベースへの接続が可能になります。

XAMPPのデフォルトインストールではそれが無効となっています。確認方法はphpinfoのページから'oci8'を検索して何もなかったらつまり接続できてないことです。

手順

  • php.ini(XAMPP/phpのパスにある)の中から;extension=php_oci8.dllを検索して、セミコロン(;)を削除。
  • Oracleから“Instant Client Package – Basic” for Windowsをダウンロードし、任意の場所に解凍。ここではc:\instantclient_11_1とする。
  • Windowsの環境変数pathに上記instantclientが解凍されたパスを追加(c:\instantclient_11_1)
  • そしてWindowsを再起動!
  • Apacheを再起動

確認

phpinfoのページからoci8を検索してあれば成功!

その他

  • ORACLE_HOMEやORACLE_SIDなどの環境変数はInstant Clientでは必要ないから設定しなくても大丈夫だそう。
  • パス設定後Windowsを再起動しないと、"unable to load dynamic library php_oci8.dll"のようなエラーが出た。
2011年02月18日(金) PHP, PHP, 環境構築, oracle, XAMPP

Share on Twitter Share
Qihuan Piao

朴 起煥

東京で働いている「外人歴」9年のソフトウェア「ライター」。いつの間にか納豆が食えるようになり、これで日本に慣れきったと思いきやまだまだ驚きが続いてる。読んだり書いたりするのが好きで、自身の経験や本から得た「何か」をここに書き出してる。最近古本屋にハマってる。
他にも英語中国語で書いてます、よろしければチェックしてみてください。