SpringでH2 Databaseを使う(HSQL、Derby)

Springのコンテキストファイルにjdbc:embedded-databaseタグで
type="H2"でbeanを登録します。

jdbc:scriptタグで初期化時に実行したいSQLファイルを指定できます。
Sprintって、本当に便利ですね。

<jdbc:embedded-database id="dataSource" type="H2">
    <jdbc:script location="classpath:schema.sql"/>
    <jdbc:script location="classpath:test-data.sql"/>
</jdbc:embedded-database>

ちなみにjdbcのnamespaceの登録も忘れずに。

xmlns:jdbc="http://www.springframework.org/schema/jdbc"
xsi:schemaLocation="http://www.springframework.org/schema/jdbc
        http://www.springframework.org/schema/jdbc/spring-jdbc-3.0.xsd">

H2以外でもHSQL、Derbyがサポートされています。

2010年11月29日(月) Java, Database, h2db, Spring

Share on Twitter Share
Qihuan Piao

朴 起煥

東京で働いている「外人歴」9年のソフトウェア「ライター」。いつの間にか納豆が食えるようになり、これで日本に慣れきったと思いきやまだまだ驚きが続いてる。読んだり書いたりするのが好きで、自身の経験や本から得た「何か」をここに書き出してる。最近古本屋にハマってる。
他にも英語中国語で書いてます、よろしければチェックしてみてください。