Spring DataSource beanのメモ

DataSource Beanを定義する際applicationContext.xmlの書き方と、Javaで呼び出すコードのメモです。ずいぶん昔のメモです。。

こんなjdbc.propertiesファイルがクラスパスにあるとします。

jdbc.driverClassName=org.h2.Driver
jdbc.url=jdbc:h2:~/test
jdbc.username=sa
jdbc.password=

そしてSpringのapplicationContext.xmlにはこう書きます。

<context:property-placeholder location="jdbc.properties"/>

<bean id="dataSource"
    class="org.springframework.jdbc.datasource.DriverManagerDataSource">
    <property name="driverClassName" value="${jdbc.driverClassName}" />
    <property name="url" value="${jdbc.url}" />
    <property name="username" value="${jdbc.username}" />
    <property name="password" value="${jdbc.password}" />
</bean>


<bean id="accountDao" class="test.dao.AccountDao">
    <property name="dataSource" ref="dataSource" />
</bean>

Javaでの呼び出し:

ApplicationContext context = new ClassPathXmlApplicationContext(
        "applicationContext.xml");

AccountDao accountDao = (AccountDao) context.getBean("accountDao");

// other code...
2010年12月06日(月) Java, Snippet, Spring, howto, tutorial

Share on Twitter Share
Qihuan Piao

朴 起煥

東京で働いている「外人歴」9年のソフトウェア「ライター」。いつの間にか納豆が食えるようになり、これで日本に慣れきったと思いきやまだまだ驚きが続いてる。読んだり書いたりするのが好きで、自身の経験や本から得た「何か」をここに書き出してる。最近古本屋にハマってる。
他にも英語中国語で書いてます、よろしければチェックしてみてください。