SmartyをMac XAMPP環境にインストール

Smartyのインストールはphp.iniにインクルードパスを書く方法と書かない方法があります。ここではphpのインクルードパスに書く方法を紹介します。

1 Smartyをダウンロード

http://www.smarty.net/download.phpからダウンロードします。今回は3.0rc3にしました。

2 ファイルの解凍

できたフォルダ名はSmarty-3.0rc3で、それをsmartyにリネームして、/Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/phpに移動します。こうするのはここがXAMPPの場合のinclude_pathになるからです。

3 php.iniを変更して、smartyを読み込ませる

php.ini中のinclude_pathに".:/Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php/smarty/libs"の記述を追加します。
できたイメージはこうなります。

include_path=".:/Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php:/Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php/pear.:/Applications/XAMPP/xamppfiles/lib/php/smarty/libs"

4 smartyが必要なフォルダを作成します。

smartyは四つのフォルダが必要です:

  • templates
  • templates_c
  • cache
  • config

templates_cとcacheフォルダには適切な書き込み権限を付与しなければなりません。
場所は任意のはずです。ここではこんな形にしました。htdocsはXAMPPのウェブルートフォルダです。

  • /Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/smarty/templates
  • /Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/smarty/config
  • /Users/zolo/Develop/smarty/templates_c
  • /Users/zolo/Develop/smarty/cache

5 smartyテンプレートを作成

上記templatesフォルダにsmarty.tplというファイルを作成します。

<html>
<body>
Hello, {$name}!
</body>
</html>

6 テンプレートに値をセットするphpファイルを作成

/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/にsmarty.phpというファイルを作成します。

<?php

// load Smarty library
require('Smarty.class.php');

$smarty = new Smarty;

$smarty->template_dir = '/Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/smarty/templates';
$smarty->config_dir = ' /Applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs/smarty/config';
$smarty->cache_dir = '/Users/zolo/Develop/smarty/cache';
$smarty->compile_dir = '/Users/zolo/Develop/smarty/templates_c';

$smarty->assign('name','kinopyo!');

$smarty->display('smarty.tpl');
?>

7 動作確認

php.iniを編集したため、まずはapacheを再起動します。
そしてhttp://127.0.0.1/smarty.phpにアクセスしてエラーがなければOKです。

参考リンク:

http://news.php.net/php.smarty.dev/2703

2010年09月25日(土) mac, PHP, 環境構築, Smarty

Share on Twitter Share
Qihuan Piao

朴 起煥

東京で働いている「外人歴」9年のソフトウェア「ライター」。いつの間にか納豆が食えるようになり、これで日本に慣れきったと思いきやまだまだ驚きが続いてる。読んだり書いたりするのが好きで、自身の経験や本から得た「何か」をここに書き出してる。最近古本屋にハマってる。
他にも英語中国語で書いてます、よろしければチェックしてみてください。