日本語を勉強し始めた頃に書いたもの、13年前くらいかな

久しぶりに実家に帰った。そのついでに昔の写真やノートを探してみた。掘れば掘るほど面白いものが出てきた。幼稚園の時に描いて絵とか、集めてた恐竜のプラモデルとか、それらを見ながら爆笑が止まらなかった。

その中で大学時代のノートがあった。おそらく日本語を勉強し始めた頃に書いた、あるいは書かされた簡単な作文だった。今読んでみると当然いろんな問題点が目立つーー文法の間違い、単語の不適切さ、小学生っぽい内容の薄さ、さらに字の汚さ…でもほんの少し自分ぽさもあった。「当時の自分という人間はそう書いたであろう」的な文章、本とか、生死と存在とか…

続きを読む…

なかなか面白かったので、個人的な趣味としてここに載せてみます。

私の大学の自学室(ホームルーム)

note-1

本について

note-2

私はどこに存在するか

note-3

僕はこの三つの文章についてどれ一つ全くもって覚えていない。なんで書いたのか、誰に向けて書いたのか、書いてそれをどうしたのか…記憶の断片

ちなみに、「私の大学の自学室」の隣のページでは「定番な」日本語教科書の内容が書かれていた…

note-4

それふうにエンディングしましょう。

これは誰が書いたものですか?
これはkinopyoが書いたものです。

2018年4月14日 Japanese, Writing

Share on Twitter Share
Qihuan Piao

风七

笔名兼游戏内常用名"风七",标准宅男,长居东京。喜好有常、不善言谈,但在这个博客小窝里却是尽其能的大肆抒发阴晴圆缺。喜欢一成不变的生活。
还有用英语日语写东西,有兴趣的话不妨看看:)