"Javascript"の記事

iPhone Safariキーボードの"Return"のkeydownイベントをキャッチ

Situation

iPhone Safariを使うときにあるInput boxで何か入力後"return"キーのkeydownイベントをキャッチして、何かしらのアクションを行いたい、のが目的です。よくあるのがreturnキーでformをsubmitしたり、ボタンクリックのアクションを行ったり、キーボードを隠したりするところですかね。

Keydown event

13という数字がreturnキーのkeydown時のコードです。実はJavascript経験がある方ならすぐ分かると思いますが、13Enterキーのコードでもあります。

もう一つのTipはキーボードを隠したいときはjQueryのblur()を使えばOKです。

参考:http://stackoverflow.com/questions/5932317/how-to-capture-the-keyboard-return-event-on-iphone-browser

2011年10月25日(火) iphone, jQuery, Javascript, safari, keyboard, keydown

coffee-scriptのインストール、TextMate Bundleで実行(Mac OS X)

coffee-scriptをMacportsを使ってインストールし、TextMateのcoffee-script bundleでコンパイルするメモです。
注意すべきなのはたとえターミナルでcoffeeが実行できても、TextMateはPATHをインクルードしないので(インクルードしているのは/usr/binらしい)、/usr/binにcoffeeのシンボリックを作る必要があります。
またcoffee-scriptをコンパイルするにはnodejsとnpm(Node Package Manager)が前提条件となるため、それらのインストールも必要です。

これでtextmateでcommand + Bでコンパイル後のJavascriptが表示できるようになります!

2011年07月04日(月) Javascript, 環境構築, macport, CoffeeScript, nodejs

メモ:PHPでJSONPを返すサンプルコード

PHP側で

echo $_GET['callback'] . '(' . json_encode($object) . ');';

JS側で

$(function(){
   $.getJSON('foo.php?callback=?',
    {},  // No additional parameters sent
    function (data) {
       // data is now JSON object instantiated from retrieved info
       alert(data*'key'*);
   });
});

参考:
Mantis and Jessamine | Creating a JSONP Data Provider in PHP

2010年12月21日(火) Javascript, PHP, PHP, JSONP

jQuery: append(prepend,appendTo,prependTo)とafter(before,insertAfter,insertBefore)の違い

jQueryのappendやafterは全部DOM Manipulation、つまりDOM操作のメソッドであります。どう違うかは下記ソースコードを見るのが一番速いでしょう。

append(prepend,appendTo,prependTo)は要素内に、子供要素として貼り付ける

$('<span>span text</span>').appendTo(".chapter");

<div class="chapter"> ... </div>

組み立てた結果:

<div class="chapter">
    ...
    <span>span text</span>
</div>

append、appendToは最後の子供要素として、prepend、prependToは最初の子供要素として挿入する感じです。

after(before,insertAfter,insertBefore)は要素の外、つまり同一のレベルで兄弟要素として貼り付ける

$('<span>span text</span>').insertAfter(".chapter");

組み立てた結果:

<div class="chapter">
    ...
    <span>span text</span>
</div>

htmlタグがなければ無効

$('some text').appendTo(".chapter");

htmlに何の変更もないです。

2010年12月01日(水) jQuery, Javascript

JavaScript: カンマ区切りで数値をフォーマットする

// 数値を日本円表現にフォーマット。
// 例:12345 -> 12,345
num2Currency = function(obj) {
  // 画面項目の値
  var str = obj.value;
  var num = new String(str).replace(/,/g/"");
  while(num != (num =num.replace(/^(-?\d+)(\d{3})/,"$1,$2")));
  obj.value = num;
}

// 日本円表現を数値にフォーマット。
// 例:123,45 -> 12345
currency2Num = function(obj) {
  var str = obj.value;
  var num = str.replace(/,/g,"");
  obj.value = num;
}
2010年11月29日(月) Javascript, Snippet

Javascript index指定で配列の要素を削除するには

今まで全然気付かなかったんです、
JavascriptのArrayにはdeleteみたいなAPIがないことに。
配列の要素をindex指定で削除したい場合は代わりにsplice関数を使います。

splice関数

とほほからのレファレンスでは

array.splice(start, n, e1, e2, ...) (N4)
0 から数えて、start 番目から n 個の要素を削除し、その代わりに e1, e2, ...を値とする要素を埋め込みます。戻り値は JavaScript のバージョンによって異なります。

var xx = new Array("A", "B", "C", "D", "E", "F", "G");
xx.splice(2, 3, "c", "d", "e");   // "C", "D", "E" が小文字になります

indexで配列の要素を削除するには

myArray.splice(index, 1);

indexは削除する要素のindex、1はこの一つだけを削除する意味で
他のパラメータはいらないです。
またsplice後は配列そのものが変更されます。

2010年03月08日(月) Javascript

スクロールを最下部に移動するJavascript

スクロールバーを最下部に移動するJavascriptです。

普通のJavascriptで書くと

function goBottom(targetId) {
    var obj = document.getElementById(targetId);
    if(!obj) return;
    obj.scrollTop = obj.scrollHeight;
}

完全にjQueryで書くとこんな感じ

function goBottom(targetId) {
  var target = $("#" + targetId);
  $(window).scrollTop(target.offset().top);
}

これ以外はhiddenのinput項目を最下部に置いといて、
それをfocusするような技もありけど、、

2010年03月02日(火) Javascript

Javascriptのforループのパフォーマンスのいい書き方

面白いかと思ったのでメモしときます。

普通の書き方

var rows = document.getElementsByTagName('tr');

for( var i = 0; i < rows.length; i++ ) {

   rows*i*.className = 'newclass';

   rows*i*.style.color = 'red';
  ...
}

効率のいい書き方

var rows = document.getElementsByTagName('tr');

for( var i = 0, row; row = rows*i*; i++ ) {

    row.className = 'newclass';

    row.style.color = 'red';
    ...
}

参考サイト:http://www.javaeye.com/topic/455376

2010年02月22日(月) Javascript

Javascript変数にブロックスコープはない

JavaをやってからJavascriptを触ったので、
Javascript変数にブロックレベルのスコープがないことにビックリしました。
if文ブロックか、forループブロックか関係なく、
function内に定義された変数は全て同じスコープ:functionのスコープになります。

例えば

function test(o) {
    var i = 0;                      // i is defined throughout function
    if (typeof o == "object") {
        var j = 0;                  // j is defined everywhere, not just block
        for(var k=0; k < 10; k++) { // k is defined everywhere, not just loop
            document.write(k);
        }
        document.write(k);          // k is still defined: prints 10
    }
    document.write(j);              // j is defined, but may not be initialized
}

変数kとjはそれぞれif文のブロック、forループのブロック内に定義されたが、
実はfunctionのスコープとなりfunction内ならどこでも参照できます。

これをしっかり理解しないと以下のようなミスが起こしやすいです。

var scope = "global";
function test() {
    alert(scope);         // Displays "undefined", not "global"
    var scope = "local";  // Variable initialized here, but defined everywhere
    alert(scope);         // Displays "local"
}

test();

一番目のalertは"global"だと思ったらこの記事を読む価値はあるでしょう。
一番目のalertは"undefined"を表示します。
なぜならさっき言ったように変数のスコープはfunction内に跨るのです。
varで宣言する位置、順番と関係ありません。

ここではfunction内で同じ名前でscopeという変数が宣言され、
"global"の値を持つグローバル変数は上書きされました。
そして一番目のalert時のscopeは初期化されていないため、undefinedとなってしまいます。

上記のコードを書き換えると以下と同じです。

function test() {
    var scope;       // Local variable is declared at the start of the function
    alert(scope);    // It exists here, but still has "undefined" value
    scope = "local"; // Now we initialize it and give it a value
    alert(scope);    // And here it has a value
}

誤解を招かないように変数の宣言はfunctionの先頭に置くのが大事ですね。

2010年02月12日(金) Javascript

Javascript window.openで開いたページで親ウィンドウのdocumentを取得には

window.open()で新規開いた小窓ウィンドウで親ウィンドウのdocumentを取得するには
下記のプロパティを使います。

window.opener.document

これで親ウィンドウの値を取得するだけではなく、
値を編集することもできます。

例えば下記のコードは親ウィンドwのフォーム内のテキストをAAAに変更します。
新規開いたページに記述します。

window.opener.document.FORM1.TEXT1.value = "AAA";

参考サイト

とほほのJavascriptレファレンス:ウィンドウオブジェクト

2010年01月29日(金) Javascript