"Wordpress"の記事

さくらVPSのパフォーマンスチューニング

さくらVPSでWordpressブログをやってます。そんなにアクセスがないはずなのに、さくらVPSに移行した当時は結構サーバが落ちました。topコマンドで見るとスワップが結構70%まで上がったりして、手動でapache再起動とかもやりました。。ネットでいろいろググッてそれなりにパフォーマンスチューニングした結果やっと安定して、同じサーバに2つのWordpressブログと一つのRailsアプリケーションを実行しています。

参考までにさくらVPSは一番安いの512MB、月1000円のプランで、平日だとこのブログの一日PVは大体500〜600です。

チューニングしてから結構時間が経ったのでだいぶ忘れました。Evernoteでのメモを貼ります。

効果が高い順で。

Wordpress

W3 Total Cacheプラグインが一押しです。インストールも設定も簡単ですし、一番効果があります。
ページのキャッシュ、cssやjavascriptのマージと圧縮など、結構やってくれます。実際これだけ入れても感じるほど早くなるはずです。

Apache

httpd.confを編集します。いろいろ修正してみましたが、結果下記の設定にしました。この辺はググったら結構出ますが、それぞれの環境に合わせて試行錯誤したほうがオススメです。


<IfModule prefork.c>
StartServers       5
MinSpareServers    5
MaxSpareServers   10
ServerLimit      64
MaxClients       64
MaxRequestsPerChild  50
MaxMemFree 2000
</IfModule>

PHP

/etc/php.ini

zlib.output_compression = On

APC

pecl install APC

2011年11月11日(金) Apache, Wordpress, PHP, centos, Performance

さくらVPSに移行後wordpressで画像アップロードした時にサムネイルが生成されない件

Wordpressで画像アップロード時にいつも3サイズのサムネイルが生成されたのですが、さくらVPSに移行後それができなくなったのです。

調べてみたらPHPの画像処理のライブラリであるgdがインストールしてないことがわかりました。
CentOSなのでyumを使ってインストールすれば解決です。

sudo yum install php-gd
sudo service httpd restart
2011年09月21日(水) Wordpress, Windows, PHP, Linux, centos, vps

WordpressにSocial Metrics for Japaneseを入れてみた、記事のTwitter、Facebook Like 、はてぶされた数を管理画面に一覧表示

Social Metricsは今まで書いた記事のTwitterでのTweet数や、Facebookのいいね!他、Google+1などを管理画面で一覧表示してくれる

インストール

20110920現在はWordpress管理画面で検索しても出てこなかったので、手動でpluginフォルダにアップしてインストールしました。

利用

インストールするとDashboardとPluginsのサイドバーにSocial Metricsのリンクが表示され、記事がTwtter、いいね、はてブされた数が月別、カテゴリ別で見れます!
ただしlinkedinはなぜか常に1になってます。

Social Metrics for Japanese

最後に。うちの小さいブログにとってはソーシャルなど意識すぎの課題があると思います。Google Analyticsで一ヶ月で各ソーシャルプラットフォーム(Facebook, Twitter, Google+1, はてな)からのアクセスは10も行かない場合があって、90%以上がGoogle検索でやってきています。この状況を踏まえて今まで導入したソーシャルボタンとか、効果対コストは極めて低い!と感じました。

2011年09月20日(火) Wordpress

gistのソースコードをRSSにも出力できるWordpress Plugin

gistでソースをjavascriptタグで表示したらRSSには出力できません。また毎回githubから呼びこむのはパフォーマンスも悪いですね。

これらの問題を解消してくれるプラグインがEmbed GitHub Gistです。
Embed GitHub Gistはgistから内容を取得して本文に出力するためRSSでも表示できるようになります。
記述ルールはとても簡単で**にgist id=12345のように書けば終わりです。詳細は上記のリンクで確認してください。
デフォルトのキャッシュは一日です。今のバージョン0.8ではまだ他の値に設定できませんが、簡単で十分だと思います。

2011年07月03日(日) Github, Wordpress

10分でWordPressにコメントシステムDisqusを導入

Disqusの概要

Disqusを導入すると一切のコーディングなしでユーザがFacebook, Twitter, OpenIDでコメントすることができます。このように:

Disqus Login with Twitter, Facebook, etc.

Disqus Comment system

導入手順

実際の導入フローはとても簡単なので、流れだけ書きます。

Disqus comment system site

  • Disqusでアカウント登録
  • ブログサイトの情報、メインライター、導入ブログタイプ(ここはWordpress)などの設定
  • 自分のWordpressブログの管理画面でプラグインをインストール:Disqus Comment System
  • Disqusプラグインの設定画面でさっきDisqusで登録したアカウントでログイン
  • 必要でなれば今までのコメントをエクスポートすることもできる


既存コメントのエクスポート

既存コメントのエクスポートは時間がかかりそうで、すぐには反映しないようです。
Disqusの管理画面で確認したらステータスが"Queued for import"になってます。

DISQUS Admin page - tools - Import/export

すると翌日にインポートできましたよというメールがきました。管理画面でチェック:

Disqus-comment-import-complete

2011年05月25日(水) Wordpress, tool, plugin